FC2ブログ
明日への希望をもって
miyako04

みなさま、こんばんは~☆

今日はうぐいすの鳴き声を聴きました。

いよいよ春本番ですね。

↑のフォトは、昨年の夏にとった、

宮古市日立浜町付近です。

こんなのどかな漁港だったんですよ。


そして、今日は、避難所生活をしているいとこと、

連絡がとれました。

浄土ヶ浜パ~クホテルに避難しています。

ようやく、電気も水道も通って、

ライフラインが整ってきたそうです。

てっきり、ロビ~に寝てるのかと思ったら、

いとこは運よく部屋に入れたそうで、

畳の部屋に布団を強いて寝ているということです。

恵まれててよかったね。


パ~クホテルは、なかなか救援物資が入ってこなくて、

食生活が、かなりひどいと聞いていたので、

何か送ってあげたかったのですが、

救援物資はみんなで、平等に分け合わなくてはいけないので、

いらないと言われました。

「何か食べたくなったら、街に行って買うか、お店で食べるから大丈夫。」

本当にそうなのかな?大丈夫なのかな??

気を使ってるんじゃ・・・??


最近になって、やっとのことで、自分の家があったあとを、

見に行けたそうなのですが、

どこもかしこもガレキの山で、

あまりにも何もなさすぎて、笑えたって。

悲しみをとおりこしてしまったって。

生まれ育った街の惨状を見て、

きっとつらかったんだろうなぁ。

本当にこんなときって、かける言葉がみつからないものですね。


町から離れてしまう人もいるけど、

土地に愛着を持っていて、どんなに年配でも、

また、家を建てようと意欲満々の人もいるそうです。

いとこも、「落ち着いたら、私も戻ってきたいな。」と言ってます。

義母もそうですが、いとこもすごくポジティブ。

きっと、災害にも負けず、たくましく歩んでいくんじゃないかな?

悲しい、つらいニュ~スが多い中、

少しだけ希望を見出せた気がします。
スポンサーサイト



テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース

【 2011/04/04 22:34 】

| ニュ~ス | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |